居抜き物件特集

居抜き物件とは

居抜きとは・・・

【居抜き】とは、店舗の内装設備が設置されたままの状態で売買・賃貸される店舗のことです。
それぞれの店舗によって状況は異なりますが、厨房設備・家具・調度などを、次に店舗を始める方が、そのまま引き継ぐことができます。
本来、退店者は、造作したものをすべて取り払う原状回復の義務を負っていますが、その工事は思いのほか大きな費用となります。
出店者にとっても、何もないところを一から作るとなると、大変な労力とコストがかかります。
居抜き店舗を利用し、今あるものを生かすことで、お互いの経費を節約でき、しかも、無駄な廃棄を減らすことにもなるので、環境保護にも役立ちます。

居抜き店舗で成功例多数!利益を出しやすいという大きな特色。

なぜ利益を創出しやすいのか?

  • お店を出したい人

    初期投資がぐ~んと抑えられ、売上が早期に利益へ。
    設備をそろえる手間が無く、短期間に開店できます。

  • お店を売りたい人

    設備をそのままお譲りすることで、原状回復工事が無くなり、
    しかも、備品売却(造作売買)で資金を残すことも可能です。
    空室期間が無くなって、家主様も安心。
    みんながそろって満足できる、それが居抜きの活用です!

居抜きの最大のメリット

ご出展者様も、ご売却者様も、家主様も、みんながメリットを享受できる仕組み!!

みんなが得をする! これだけ違う!通常の出店と居抜きを使った出店

お店経営で利益を出すためには出店の際の投資額を最小限に抑え、しかも短期間に投資額を回収することが大切です。

通常の開店(総投資額3,000万円)の場合

事実ベースですが、内容によって異なります

ページのトップへ